手順

woman in bed

ホテヘルとは、ホテルヘルスの略称であり、ホテルでサービスを受ける風俗である。

手順としては、客が受け付けを行う事務所まで行き、料金を支払う。
この時に、ホテル代が別で必要になってくる場合と、ホテル代込みの場合がある。
これは店によって変わってくるので、利用前には、必ず確認する必要がある。

それが終われば、次は女性店員(ホテヘル嬢)と、一緒にホテルまで向かう。
基本的に、ホテルから事務所は歩いて行ける距離にある為、時間は掛からない場合が多い。

また、このパターン以外には、待ち合わせをしてからホテヘル嬢とホテルへ行くタイプもある。
中には、先にホテルへ入って待つタイプもあり、その種類は様々である。

ホテヘルで受けられるサービスは、デリヘルとは、あまり大差はない。
基本的には、出張型のヘルスである為、手コキ、フェラチオ、69、素股がメインである。

いくら接客業とはいえ、ホテヘル嬢によっては、NG行為がある。
そのNG行為をしてしまわないように、サービスを受ける前には、確認しておく必要がある。

こちらもデリヘル同様、店外でサービスを受ける為、風俗よりもプライベートに近い感覚で楽しめる。
ここ数年で、急激に数が増えたのには、そういう所に魅力を感じる客が多いからである。

デリヘルと良く似ているが、細かい部分で違いが多い。
一番の違いは、受け付けの事務所の、有無である。

この事務所が、有るか無いかで、大きく変わってくる事がある。
それは、写真(パネル)を見てから、指名出来る事である。
デリヘルは、インターネットのサイトを見ても顔が見えない事が多く、運に頼る事が多い。
しかし、ホテヘルなら実際に顔を見てから決める事が出来る為、失敗が少ない。
もちろん、写真を見てから止める事も可能である。

また、事務所からホテルが基本的に近い事が多いので、待ち時間が少ないメリットもある。
他にはオプションや、コスチュームもホテヘルの方が充実している傾向がある

couple hugging

概要

girl hair hand touch

風俗とは、ソープランドを代表するような、女性が男性に性的なサービスを行う店を意味する。
これは、近年になってから使われるようになったが、本来は人の生活においてのしきたりなどを意味していた。

現代のような使われ方になったのは、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律による影響である。
この法律によって、風俗営業が定義されたのをきっかけに、性的サービスを行う店を風俗営業と呼ぶようになった。

現在では、店舗型と無店舗型の2パターンが存在している。
店舗型は、店自体でサービスを受ける事が出来るが、無店舗型はラブホテルなどでサービスを受ける事が出来る。

現在の日本では、様々な種類の風俗店が、営業している。

その中でも、歴史が古いのは、ソープランドである。
ソープランドは、かつては個室付き特殊浴場呼ばれていたが、、公衆浴場法改正によってその名称は消滅した。
基本的に、湯船の設置された個室で、女性店員が男性客に性的なサービスを行う事がメインである。
様々な種類がある中でも、ソープランドは、サービス面でも料金面でも別格の扱いである。

これとは逆に、比較的新しく誕生したのが、デリヘルである。
こちらは、無店舗型になっているので、店でのサービスは行っていない。
基本的に、客は店に電話で場所や女性を指名する事で、サービスを受ける事になる。
もちろん、指定する場所に関しては自由で、自宅やラブホテルも可能である。

風俗には、似ているようで、若干の違いがある場合が多い。
その中でも、デリヘルとホテヘルは良く間違えてしまう事がある。

この2つの風俗は、無店舗型であるが、全く同じではない。
デリヘルは、自宅に呼ぶ事は出来るが、ホテヘルは出来ない。
ホテヘルの場合は、あくまでも店が指定した、ラブホテルを利用する事になる。
従って、どちらもデリバリーの形態ではあるが、呼び出せる場所が違うのである。
またホテヘルに関しては、客が店まで行き、そのまま女性店員と歩いてホテルまで向かう事も出来る。

定義

plump breasts

デリヘルとは、デリバリーヘルスの略称である。
さらに詳しく説明すると、出張型ファッションヘルスのこと指す。
一般的な、店舗型風俗のように待合室で、他の客と一緒に待つ必要が無い。

また自宅に呼ぶ事で、恋人のような感覚で、サービスを受けられるのが特徴である。
派遣先は自宅の以外に、ラブホテルや、シティホテル等も指定出来る。
しかし、シティホテルの場合は、宿泊客以外は中に入れないようになっている事がある。
その場合は、サービスを受ける事が出来ないので、注意が必要である。

派遣された女性(デリヘル嬢)が、気に入らなかった場合、別の女性に無料で変更出来る。
この行為を一般的に、チェンジと呼ぶ。

チェンジされた女性は、店に電話をかけ、そしてまた別の女性が派遣される。
もしも、サービスを受ける事自体をキャンセルした場合、キャンセル料が発生するので注意が必要である。
さらに、デリヘルの待機所から指定された場所が遠い場合は、別途交通費がかかる事もある。

他の風俗とは違い、店舗型ではない為、深夜24時以降に利用する事も可能である。

デリヘル嬢は指定の場所に到着し、サービスを開始する前に、店に到着と開始の連絡を入れる。
ほとんどの場合は、連絡を入れた時点で、サービス時間は開始される事になる。
しかし、店外デートの場合は、客と一緒にいる時間すべてを、サービスの時間として計算される。

デリヘル嬢は、店への連絡後に衣服を脱ぎ、シャワーで客の体を洗う。
もしも、シャワーが無い場合は、ウエットティッシュで代用する。

その後は、全裸や半裸になって乳首舐め、手コキ、フェラチオ等のサービスを受ける事になる。
また、指定された時間内に射精しなかった場合でも、客が延長を希望しない限りはサービス終了となる。

これは、ホテヘルの場合でも、基本的に同じである。

ソープ

girl touching hands leg

ソープとは、ソープランドの略称である。日本の風俗の中では最も歴史が古いといえる。ソープは営業上特殊浴場として届け出が出されているので、入る際に入浴料を支払う必要がある。サービスの内容としては本番を含む性行為全てなので、風俗の中でも最も濃いサービス内容と言える。

ところで、本番行為を伴う点が法律上認められている訳ではないので、あくまでも風俗嬢と客との交渉で取り決められる。

ソープランドでのサービスの流れとしては、まず浴室を利用する事から始まる。男性は、女性に身体を洗ってもらったり、軽い性的サービスやスキンシップを行なってもらう事ができる。

また、浴室内にはマットが置かれていてそこでプレイが行われるのもソープランドの醍醐味とされている。

お風呂でのコミュニケーションが終るとベッドに移動し、そこから本番行為をする事が多い。サービスの時間は、平均して90分から120分と長めである。

ソープは本番行為を含むので、風俗の中でも最も料金が高い。